なんちゃってFPにならないための勉強会

住まいのFP相談室は富山発の住宅に特化したファイナンシャルプランナーの集団です。
富山からスタートして徐々に活動の範囲を広めており
現在西日本地区では

高松・福山・広島・山口・大分・長崎

で店舗展開しております。
弊社は山口店を担当しており、
2020年福岡店開設目指して
北九州・福岡への営業展開も始めております。

私たちは住宅取得前のライフプランの作成をメインとし
ライフプランの作成を通して将来を見える化し
家づくりにかけても良い適正予算の算出のお手伝いをしております。

2018-06-19-14-01-15

そんなFP相談室ですが
支店間のナレッジ共有も欠かさず行っており

先日は西日本地区の仲間が集まり勉強会を開催しました。
今回は住宅を取得する際に利用できる補助金について重点的に勉強しました。

LCCMやZEH補助金、出所も経産省なのか環境省なのか国交省なのか
様々な補助金があり工務店さんによって補助金に対するスタンスも違ってくるようです。

今回はそういった工務店さん目線の補助金施策を勉強したくて
いつもお世話になっているアーキテック工洋の中山社長を講師に招いての勉強会でした。

2018-06-19-15-00-33

最近頻繁に感じる事なのですが
家を建てさせるための、保険に加入させるための、なんちゃってFPさんが増えてきているように感じます。

先日も「この前、他のFPさんに見てもらったから大丈夫ですよ^^4000万円の借入でもOKと言われました☆」
というお客さまとお会いしました。

念のため作成したライフプランを拝見させていただくと
家のメンテナンス費用や固定資産税が反映されていなかったり
給料の上昇カーブがかなり甘めに設定されていたり
年金の支給が65歳からになっていたり(おそらく40代くらいの年代であればもう少し後ろ倒しになるはずです)
と「?」マークがつく内容でしたので再度お客様に説明させていただき
セカンドオピニオン的にライフプランを受けていただきました。

そうすると、子供さんが大学に入学される頃に預金が底をついてしまうかなり厳しいプランであることが判明。
お客様の家づくりの予算を見直すか、家計を見直すかという判断が必要な状態となりました。

我々はもっと身近にFPサービスを受けていただきたいという気持ちをもって
家づくりのタイミングを切り口としてFPサービスを展開しておりますが

このようなずさんなライフプランを作成するFPがいることに非常に憤りを感じています。
また、我々がこのFPサービスを皆様の目に届くところに広めることが出来ていないということに対しても
責任を感じています。

我々は日々の活動やこういった勉強会を通じて
FPとして成長するための研鑽を日々行っております。

「もっと身近にFPを」をまだまだ実現できていないので
我々と一緒に働いていただける人材も募集していますよ^^

2018-06-19-19-07-25

LINEで送る