杉内俊哉投手から学んだ営業にとって大切なこと

img_8a9ece7ed0d81db948da63b03e825b5039394a85

2018年9月12日。
杉内俊哉投手の引退が発表されました。
股関節を手術した後、左下痛を発症。
毎日、「杉内」とgoogleでニュース検索をし動向を気にしておりました。
復活を心待ちにしておりましたが、昨日の引退発表。

様々な引退に関する記事を読んで涙が出ました。

また、チームメートやソフトバンクの元チームメートからのコメントを読んで
本当に偉大な投手だったのだと再認識ました。

この時ふと思ったのがやはり結果が大事だという事。

プロ野球選手の中にも頑張っている選手は山ほどいると思います。
ケガに泣かされて引退する選手もいます。

でも、これほど大きく取り上げられることはありません。

なぜ、こんなに注目されるのか。
答えは単純。結果を出しているからです。

プロセスが大事とよく言いますが、
社会に出てからはやはり結果が大事です。

結果が出てこそのプロセスです。

先日、カンブリア宮殿に出演していた現LIXIL社長も言っていましたが

「失敗から学ぶ限りは投資だ」と

これも、その失敗を糧にして結果を出すから言えることなのです。

杉内俊也投手から結果を出す大切さを学ばせていただきました。

自分のメールアドレスの一部を「hawks47」にする程、杉内選手を追いかけていましたので
引退は非常に残念ですが、今は本当にお疲れ様と言いたいです。

今後は指導者なのか解説者なのか分かりませんが
また違ったステージでの活躍を期待しています。

LINEで送る